太陽光発電 基礎知識

太陽光発電のしくみ・KWの読み方

太陽光発電とは?
太陽光発電は太陽光を電気に変えるシステムです。

光から電気への変換は瞬間的に行われていて、光が当たっている時しか発電しません。

その瞬間ごとに自分の家で電気を使ったり、余った電機を電力会社で買い取ってもらいます。
(最近、販売され始めました蓄電システムがあれば発電した電気を貯める事ができます。)


太陽光発電は燃料を使いません。
排気ガスや燃えカスも出さない地球にやさしい発電方法の1つです。

太陽光発電を設置すれは太陽の光がある限り、
勝手に電気をどんどん作ってくれるステキなシステムです。

太陽光発電のしくみについて
屋根の上にのせたパネル(太陽電池モジュール)に太陽の光が当たると電気が作られます。

次に各パネルで発電された電気が接続箱というところへ集められます。

集められた電気はパワーコンディショナという機械で使える電気に変換します。

電気は自分の家で使う事ができ、余った電気は売ることができます
売電用メーターを通りカウントされます(1kW42円)

また、発電していない時に電気を使うと通常通り、
買電メーターを通り電力会社から電気を買います。

shikumi.jpg
kWとkWhに違いついて
kWやWは、瞬間の電力を表す単位。

kWhやWhは、電力量(積算量)を表す単位。
 瞬間のkW×時間 で出たのがkWhです。


■例:
 3kWを4時間発電し続ける
 3kW×4時間=12kWh発電した事になります。


実際は同じkWで発電し続けることはありません。

天候や時間帯でkWは瞬間瞬間ごとに数値が変わります


>>次の記事「公称最大出力って何?太陽光発電の発電効率とは?」へ


太陽光発電 基礎知識

 

太陽光発電システムとオプション

 

補助金について

 

お得なの!?太陽光発電、費用&購入時のローン

 

太陽光発電の豆知識・疑問

 

太陽光発電の実際の利用者によるレポート

 

地域別

 

メーカー別

 

香水